株式会社美濃屋あられ|美味しいあられ・おかきの専門店・横浜の美濃屋あられです。

美濃屋あられ ホーム > 工場のご案内

工場のご案内
image

美濃屋のあられができるまで

昔から・・・
うるち米でつっくた米菓を「おせんべい」、もち米でつくった米菓を
「おかき」「あられ」と言います。
美濃屋あられでは、米はもち米だけを使用しています。

      それではおかき作りを覗いてみましょう。
原材料入荷検品
外観異物検査を行います。
image
洗米
大きなタンクでもち米を洗米します。
image
浸漬
一度水に浸し糯米に水分をたっぷり含ませます。
脱水
浸した水を抜きます。
蒸練
蒸気で一気に蒸かします。
この時上がる蒸気にもち米の炊ける匂いがたまらなく食欲をそそります。
image
製餅
練機で餅に仕上げます。
image
金属探知機検査
金属の混入がないか検知します。
型充鎮
丸型の形成器に流し込みます。
胡麻、あおさ等の生地の中に入れる材料はこの時点で混ぜ合わせます。
image
冷蔵
2度〜5度に冷温調整した冷蔵庫に餅を
48時間〜60時間寝かせ固め生地を作ります。
image
裁断
長さ、幅、厚さ、切れ込み等、あらかじめ製品のサイズに合わせ
生地を裁断します。
image
一次乾燥
温度調節をして生地を乾燥させます。
その後、放冷し生地を寝かせます。
image
二次乾燥
次乾燥と同じ工程で乾燥します。
一度に乾燥すると生地が含む水分にムラが出来ることを防ぐためです。
十分乾燥されるよう三次乾燥を行う時もあります。
image
ポイント

この過程でしっかり乾燥させることが美味しさを決める重要な部分と言って過言ではありません。

選別
乾燥不足 外観、異物混入検査を行います。
image
焼成
生地により焼く釜が違ってきます。
また夏季と冬季では同じ製品でも火力、時間も違います。
image
味付け
基本は醤油味、サラダ味、甘辛味がベースとなります。
試作の段階では味はいいけど見かけが良くない等、製品になるには時間も手間もかかりますが、いろんな味を楽しむことができます。
image
ポイント

大事な味付です。配合分量はきっちりと行います。

仕上乾燥
最終乾燥です。 味を付けた後の乾燥なので、風味、香味を
損なわないよう温度管理、乾燥時間を設定します。
image
選別
外観、こわれ、焼きムラ製品を選別します。
image
出来上がり
image
ページ先頭へ

職人のこだわり

image私たちは横浜の気候と気温の変化を常に感じています。こんがりとキツネ色に焼けた生地は香ばしく仕上がります。
まずは「焼き」に全神経をとがらせます。そこから味付段階に入ります。

味付も試行錯誤を繰り返し、前進続けてきたいと思っています。
  
ページ先頭へ

職人のご紹介

会 長  小森 堅一郎

image
長 所   思いやりがあり、何事も几帳面。
短 所   頑張りすぎて疲れてしまう・・・歳のせいもあり
趣 味   麻雀、社内清掃、草むしり

こだわり  いい品物を作る

工場長  小森 進

image
長 所   即実行。
短 所   人に任せることが嫌い。
趣 味   麻雀、犬の散歩

こだわり  何故こうなるのか?工程、過程の追及、新発見の心がけ
ページ先頭へ