株式会社美濃屋あられ|美味しいあられ・おかきの専門店・横浜の美濃屋あられです。

美濃屋あられ ホーム > 美濃屋あられについて

美濃屋あられについて
横濱で生まれ横濱で育った米菓 素材を生かして伝えていきたい本物の味

美濃屋あられの歴史

横浜で生まれ、横浜で育った米菓

先代 小森盤之進

美濃屋の歴史は意外と古い。
先先代は四人男兄弟の四男 小森盤之進、
屋号は先先代社長の生まれ故郷、
岐阜県美濃から商号した。
横浜で兄弟力をあわせて始めたそれは
小さなおかき屋だった。
大正10年の出来事。

第二次世界大戦が始まり止むなく閉めざるを終えなくなり、
何もかもなくなった戦後、開拓の精神を燃やし微力ながら再開、
昭和33年有限会社美濃屋あられとして、新たな時代を開いた。
暖簾分けは長男であった美濃屋あられ総本舗(上大岡)からである。
昭和62年美濃屋あられ総本舗と合併、協力体制で決起する。
 
中区にある美濃屋あられ製造本舗さんの先先代は次男である。
現在は、同業者として、別々に歩んでいる。

先代から受継ぐ職人たち

職人

米菓を知ることは経験を積むことから始まる。
昔からの技法、
新しい技術、
美味しさづくりは続いている。
この味はいつまでも忘れたくない。
米菓の文化が外国産に代わってしまわないように
次の職人さんに、そして子どもたちに残していくこと、
伝えていくことがこれからの使命だと感じています。

お餅の生地は生きています

冷蔵庫保管

春、夏、秋、冬、四季を通して、
生地も暑くなって汗をかいたり、
寒くなって凍えたりもします。
口こそ利きませんが、話しかけてきます。 草木だってほっておかれるとどんどん枯れていきます。
だからといって、水をかけすぎては根腐れてしまい、 暖かくしてあげればのぼせてしまいます。
同じケアではいけないのです。
毎日変わる気候や温度、風さえも読む。 かたぎ職人のなせる技です。      

ページ先頭へ